Dejima Auto Tuning blog

古い逆輸入車をいじっています。コテコテすぎてクルマ関連業者さんにゆだねることができず、道具も使うスキルも充実してきました。2015年にサーキットでクラッシュしてからまだ補修ちゅう(中断している状態)作業するガレージと自宅が離れており、自宅を離れることができない状況になり、インドアでできるクルマの内装→ミシンや革漉き機、という流れです。

卓上旋盤切削液タンクをつくる

水溶性切削液をポンプで掛けるやつ、10年以上前にミニフライスCNCだったときのマグネットポンプを使う。CNCフライスと違い一時間以上自動で削ることなどはないので、循環はさせない。

f:id:kazuhix:20210609184900j:plain

プールボックス

小さめのプールボックスを流用します。液体が漏れないがっちり1.6ミリ厚スチール製

f:id:kazuhix:20210609200400j:plain

ニップルを切削

旋盤が少々グレードアップしたのでφ15の棒からニップル製作のハードルが低くなった。

f:id:kazuhix:20210609201500j:plain

吸い口フライス

ボックス内部に入る側にスリット。底に向けて液面が低くなっても吸えるよう。

f:id:kazuhix:20210609201900j:plain

完成

最終的には右の自在ホースにつなげるんです。

f:id:kazuhix:20210610150800j:plain

溶接

上達しない溶接。ポジショナはつかみにくいので使いませんでしたが、この塗装は通電するみたいで、ポジショナで真面目にやったほうがよかったかも。

f:id:kazuhix:20210610205600j:plain

探傷剤漏れあり

てなわけで溶接ピンホールがあり、追溶接しました。

f:id:kazuhix:20210610222100j:plain

エマルジョン切削液希釈失敗

1リットル1000円しない切削液は15年もの、水と混ざりにくくなってます。ポンプの配線も終わり、ホースも用意し、準備が整ったので新しい切削液を注文しました。すんなり希釈できるのは製造後2年くらいか。循環させないかけ流しでも当方の旋盤使用頻度では変質するまえに使いきることはなさそうです。ミシンオイルのボトルなのは元のボトルが変質してフタ部分がわれたからですいや捨てろよその時点で。ミシンオイル成分がわずかに混ざったので水と混ざりにくいのかも。

f:id:kazuhix:20210610222101j:plain

クルマ用ANナイロンメッシュホース

AN-10がちょうどの寸法で、余りのホースが使えそうです。圧はかからないのでネジ込みホースエンドは使いません。
これを見つける前に注文したシリコンホースでいいか小さく曲がるし。

f:id:kazuhix:20210613115802j:plain

新調

新しい切削液は色が薄く、15年ものはどんだけ変質してんだか。あっさり水と混ざり、タンクに投入。

f:id:kazuhix:20210613120300j:plain

テスト

出ました。スタンドの後ろに隠れているコックで流量調整して使います。

ガレージの収納を使いやすく

ガレージとはいえ、クルマは乗らない触らない時間が長いんですが。

f:id:kazuhix:20210507163901j:plain

ツールカートも物置きになってた

ツールワゴンの上にバンドソーを設置しました。しゃがんで作業するの貧乏くさいし。このバンドソーは水溶性切削液をかけつつ切るとプーリーのゴムバンドが脱離しそうになるのでドライ専用、液回収する必要がなくなったので。

今回の主題はワゴン中段のプラケースです。仕切りがついてて分別に便利というふれこみですが、これをいちいち出してきてケースを開ける場所を確保してフタ開けて、しかも一番下のケース取り出すのとかどんだけ労力。

f:id:kazuhix:20210513110800j:plain

ファイルケース

フロアケースを3つ購入、元から持っている1つと合体させます。

f:id:kazuhix:20210514165700j:plain

回転盤

f:id:kazuhix:20210516135400j:plain

ベースとキャスター

デカいけど、使うときにゴロゴロ出して来てグルグル回して使う想定です。

f:id:kazuhix:20210516141100j:plain

タワー収納完成

f:id:kazuhix:20210521165500j:plain

ネジ

f:id:kazuhix:20210521165600j:plain

ネジ引き出し

f:id:kazuhix:20210522185300j:plain

端子とか

引き出し収納はわかりやすいラベリングさえやっとけばケースに分散してるより目的のものを取り出すのが楽です。

ER32コレットも買ったときのプラケースに入れてて、交換するたびにケース出してきて、ってのはやめます。これは上の収納タワーとは別。

f:id:kazuhix:20210522152500j:plain

ER32コレット置き場

ペンキ(いわゆる油性刷毛塗り用)の調色なんてするものじゃないな。左上のカバーの緑っぽい色を作ろうとしてるのですが、ライトグリーンにグレーを混ぜても暗くならず、黒をどばどば追加したものの、

f:id:kazuhix:20210519140100j:plain

ペンキ

どうやら黄が不足している、というわけで黄を混ぜるところ明るくなるのを避けるため茶を追加購入したら赤+黒みたいな茶が届いてもうて、それを混ぜていくと当然のことながら、緑と打ち消し合って灰になりましたとさ。日本の色呼称はよくわからないですね。茶よりこげ茶のほうが黄色成分が多いのかも。レトリック分解だと茶に黒を入れて濃くしたのがこげ茶だけど、黒に同量の赤と黄を混ぜると赤+黒が茶、黄+黒がこげ茶なんじゃなかろうか?黄は発色が弱いから、黒に寄る。
黄を追加購入しました。右の無地缶には調合失敗した灰色微かに緑というのがたぽたぽに入っています。

 

【まとめ】

A4レターケース4つを回転盤の上に組んでキャスターに載せました。ナカバヤシのアバンテV2シリーズの深浅引き出しは2つと6つが入替え可能ですが、上段のレールは上段にしかつかないので入替えることはできません。この点モノタロウのケースのほうが良い(深1つ:浅2つが交換可能)ですが、引き出しが深いタイプが品切れでした。
安い仕上がりにしか見えませんが、費用は5万円を下回ることはないです。それだけ出せばノーブランドのけっこう大きい赤いツールカートが買えますが、引き出しの数を重視するとこれがベストだと思います。

卓上旋盤周辺整備

f:id:kazuhix:20210418190000j:plain

4つ爪チャックと面板

4つ爪チャックは既製品バックプレートにチャックを取り付けるための穴を4つ開け、次は面板。実は面板を使う切削はしたことがありません。そしてお手頃価格のバックプレートも無いわで、

f:id:kazuhix:20210419184400j:plain

D1-4フランジ加工

D1-4スピンドルに付けるためまずは凹とツラになるまで削り落とし、

f:id:kazuhix:20210423170200j:plain

7度ちょいテーパー

ここのテーパーにコンパウンドスライド角度を一致させて、

f:id:kazuhix:20210421152300j:plain

テーパー削り

f:id:kazuhix:20210421154100j:plain

D1-4スピンドルの複製品

スピンドル形状の複製品を作りました。面板のテーパー削りの際、チャッキングを外さずに削り量を確認するための治具です。

f:id:kazuhix:20210423223700j:plain

一気に進んでいますが、だいたい終わりかけたところ。

f:id:kazuhix:20210505111400j:plain

回り止めネジ位置間違い

スタッド回り止めのネジ穴を1ミリ近いとこに掘ったテンプレートを作るミスをやったため、ネジの頭径を2ミリ削りました。リカバリーすればそのあと何も問題が生じない失敗です。

テーパーがかっちりはまって抜けなくなる状態に持っていくためには紙一枚、いやサランラップ一枚ずつ削っては適合させるというのを3回ほど。その都度スタッド3本をはずし、チャッキングの振れ取りを。おかげで苦も無く振れ取りできるようになりました。

面を修正切削するんですが、ここで落とし穴。クロススライドの可動域いっぱいまで自動送りが噛みこんでしまいました。コーラを自販機に買いに出たらダメです。

なんとかクロススライドを分解、もともとここは分解するつもりでした。目的は養生せずに鋳鉄を削るとスライドに粉が回るのか?を実感するため。結果、養生は欠かしたらダメという当たり前のありさま。

f:id:kazuhix:20210424175600j:plain

クロススライド裏面

このあとクロススライドのバックラッシュが大きくなり、原因は、

f:id:kazuhix:20210505135300j:plain

真ちゅうナットの留め

真ちゅうナットをクロススライドの上から留める6角穴ボルトを締めても、それが貫通しているカラーが動くからでした。可動範囲いっぱいまで自動送りで止まった際の過大な力で変形したようです。画像のように側面から入ってる留めネジをキツく締めたらとりあえず解決しました。ここの留めネジもカラーもパーツ図には記載がなく、ここのガタは気づきにくいです。あと、写真に2つある玉オイル口もパーツとして存在していません(これは解決)。

f:id:kazuhix:20210425151900j:plain

その後は紙で養生

f:id:kazuhix:20210425170100j:plain

4つ爪チャックも追加工

4つ爪チャックで既製品バックプレートの留めネジ位置が鏡面対称に間違っている件も、正規の位置に穴を掘り、スタッドの回り止めが機能するようにしました。装着時にスタッドが回ることがなくなり装着が楽になりました。

チャックも面板もなかなかの重量なのでなるべく近くに置き場所を、というわけで引き出しを作りました。

f:id:kazuhix:20210501142700j:plain

スライドのついでに床切り子じゃりじゃり対策のマグネットローラーを買いました。

f:id:kazuhix:20210502191900j:plain

引き出し

三段です。面板は立てて引っ掛けるフックに。このあとチップトレイの下にラックを設置し、その上段に置くことになりました。

f:id:kazuhix:20210507163900j:plain

計測器やコレットなどケース入りのツールをラックに収納するつもりでしたが、素材だけ載せたらスペース無くなりました。レンチなど小物を置ける引き出しを3段引き出しの一番上に追加しようと思います。左利きですので、よく使うものは左にあるほうが幸せです。

f:id:kazuhix:20210426173100j:plain

左カバーの留めナット

左カバーは本体から生えてるスタッドボルトに2個のナットで押さえる構造ですが、スタッドが長く、20回転もさせないと脱着できないとか時間のロスが甚だしく腹立たしいわけで、ネジ山が3-4山しかついていないナットをA2017で作りました。長さが違うのは下のスタッドのほうが飛び出し量が多いからです。

f:id:kazuhix:20210423174400j:plain

リニヤゲージカウンタ

簡易DROの表示ユニットが壊れていましたので、タクタイルスイッチの修理と、パネルのゴム接着剤での貼り付けをしました。壊れていたスイッチは部分的に欠失していたので、誰かが修理を試みる過程でパネルを破損させたあげく修理できなくてセロテープ留め、というかっこいい状態も捨てがたかったのだけど(ないない)。タクタイルスイッチは一番使用頻度が高いものが壊れますよね。つまりそれが壊れると機能を失ったも同然。
こういうリペアは今や経験より情報収集能力です。タクタイルスイッチ修理は2回目です。ハンダを吸い取って交換でなく、新品スイッチをバラして部品取りにしています。1個40円くらいです。

f:id:kazuhix:20210423221200j:plain

その修理したスイッチを押すとゼロに、つまりゼロリセット。そりゃ壊れる頻度でスイッチ使うの分かる。

f:id:kazuhix:20210423221201j:plain

リセット

まとめ

スキャンカットで原寸テンプレート切り出しでケガかずに穴位置決定する方法で、面板にD1-4スタッドを立てました。振れ取りやテーパー合わせ、センター合わせの練習ができました。
旋盤で鋳鉄削りするときは養生すべき。

卓上旋盤の台改変、台載せからの制御変更ブレーキペダル追加

4つ爪チャックのバックプレートへの4穴割り出しはスキャンカットでPPシートテンプレートを切り出しました。

f:id:kazuhix:20210322135700j:plain

スキャンカットで穴開けテンプレート

穴位置のマーカーの線が太かったので、ナイフでのハーフカットでやり直し、実質ケガキより細いライン、精度に不満なし。ポンチ打った後センターファインダーでボール盤上で穴位置決定のドリル堀り。

f:id:kazuhix:20210323142600j:plain

センターファインダー

初めての試みだったので穴ひとつ開けるごとにボルトが通るか確認。スキャンカットはPCD穴位置決めに便利に使えます。

f:id:kazuhix:20210323143400j:plain

ひと穴ずつ位置ズレを確認

f:id:kazuhix:20210301161400j:plain

台の改変

旧旋盤の台の材料を使います。100キロくらいあり捨てるとしても大変です。天板ビームが19ミリもあったり無駄にごつい作りで、入れ替える旋盤のサイズが80cm増し重量2倍以上ですがバイクのエンジンをフレーム強度部材と捉える考え方と同様、台の左右をつなぐのは旋盤本体というデザインにしたらかなり材料が余りました。

 

400キロを安全に吊る方法としてはエンジンクレーンですが、あいにくうちのは貸し出し中でチェーンブロック+単管やぐらとか考えましたが、QuickJackをクルマの下から引っ張り出して使いました。使うの久しぶりなのでバッテリーが終わってましたが、本来クルマを上げる道具だから、バイクの弱った古い14Ahバッテリーで十分。安定、安心。


www.youtube.com

台の上に載ったので下から覗くことが可能になり、異音がするギアボックスの不具合箇所が判明したので分解全バラ。ちびていた内径ブッシュとピンを交換しました。パーツとして売ってはいないのでこの旋盤自体で製作したんですけどね。

f:id:kazuhix:20210407170900j:plain

送りギアボックス分解オーバーホール

f:id:kazuhix:20210412012000j:plain

玉オイル口が何回試みても3ミリ玉のものしか届かないので改造して4ミリ玉で組みなおしました。

f:id:kazuhix:20210410182500j:plain

搬入時のオイル口は破損しており、暫定で叩きこんでおいた小玉のと入れ替えました。

f:id:kazuhix:20210410223900j:plain

異音が出ていたこの旋盤のギアボックスは給油の考え方が雑すぎるのでそうなるのも当然だわ、と分解再組立てで理解できました。左に紐を入れていますが、ギアボックス上端に隙間があるので、各部にオイル差すためにビニルチューブに通した綿紐を配置することにしました。f:id:kazuhix:20210411233200j:plain

f:id:kazuhix:20210412143900j:plain

左端には4本、右にも4本

工業ミシンでのやり方です。ミシンいじったことなければこの発想は浮かばない。ただ、サラサラミシンオイルとねっとりギアオイルとは硬さが違うんで綿紐に浸みるまで時間がかかります。

普通にインバータで調速するだけでなく、緊急停止スイッチのときだけ急ブレーキ、ついでにそれと同じ働きをするペダルスイッチをつけることにしたりとかで配線は割と難産でしたが完成。制動抵抗もつけています。抵抗をインバーターにつなぐだけで特段設定せずともキュッと止まるようになります。通常停止はゆっくり止まったほうが制動抵抗の過熱も防げるし、機械負荷も軽減できるのでそちらの制動時間はたっぷりとっています。

f:id:kazuhix:20210414222100j:plain

配線には手こずりました。

動画の最後のほうで制御盤内に設置した制動抵抗がちらりと映ります。
www.youtube.com

まだ台が未完成ですが、このままでも刃物台のナットやレバーをぐっと締めたりするときもグラグラすることはなく、剛性は問題なさそうです。

 

卓上旋盤を使いやすく からまるごとグレードアップ

年末ごろは旋盤知識がさほどありませんでしたが、押し寄せるなにかのように機械を入れ替えることになりました。

f:id:kazuhix:20201204135900j:plain

ホイールハブの穴追加するのに振りが足りない図

まず4つ爪チャックで咥えたハブ、偏心させてセンターで穴を掘ろうとするとスライドにつっかえて回りません。それでドリル軸をオフセットするやつを作りました。

 

内径バイトホルダーを使おうとしたんですが、カラーの加工に失敗、

f:id:kazuhix:20201204140900j:plain

 

キー溝カッターに転用しました。

f:id:kazuhix:20201212212100j:plain

キー溝カッター

ただし、ツールポストの剛性が足りません。

重切削、例えば20ミリドリルとかですぐブレーカー落ちるので強化するためにインバーターと1kwモーターを購入しておうちでテスト。

f:id:kazuhix:20210119142700j:plain

インバーター三相テスト

f:id:kazuhix:20210124123700j:plain

ベルト交換する程度で装着できた

パワーアップしました。

f:id:kazuhix:20210202181000j:plain

切り子

ですが、高温の切り子が送っている左手に当たりやけどしますので、本来ネジ切り用親ねじの自動送りを使うと、送り速度の調節するのにギアを交換しないといけないので実践的ではないな…

この頃同時進行でNCで動いていたミニフライスのXY送りをPCを使わずにパルスで送るように変更しました。

f:id:kazuhix:20201210093500j:plain

ミニフライスのステッピングモーター自動送り

ふと旋盤の左端のギアのとこを見るとベッド下にうまいスペースが…

f:id:kazuhix:20210206110500j:plain

f:id:kazuhix:20210206184700j:plain

NEMA23モーターがちょうど入る

試運転良好。ステッピングモーターは高速でトルクがなくあっけなく脱調するものの切削には使えそう…

f:id:kazuhix:20210213170200j:plain

モーター送り変速

あと、赤玉のレバーでなく、サドルエプロンに正転逆転スイッチを付けたいな、シャフトを通せばいいのか…

f:id:kazuhix:20210213170300j:plain

シャフト

と普通旋盤の構造を調べていたら、旋盤の知識が増えてきて、旋盤の良し悪しの判断がちょっとはわかるようになってきて、

 

f:id:kazuhix:20210321182106j:plain

コンパウンドスライドのネックが細い

首が細いから剛性不足なんだな、それから、インバーター三相モーターに変更しても、モーター調速では実変速メカでのトルクはでないわけで。それとGIBのネジ調整は煩雑だよな、テーパーGIBいいなあ。

 

なわけで床に降ろします…

f:id:kazuhix:20210226175100j:plain

旋盤入替え

代替機搬入。上の卓上旋盤の剛性、変速、トルクなどを改良するにはとてつもない時間手間がかかるなあ、ということがわかるだけの知識が蓄積されたタイミングでネットに中古が。卓上つーても6尺旋盤同等の幅のこれを欲しいと思ったら新品を注文するしかなく、注文しても何か月待ちになるんだか、ってのが日本です。生産に使うにはしょぼい、趣味で住宅の一角で使うにはデカすぎるってのが理由。よその国々では趣味方面の普及機扱いですけど。

f:id:kazuhix:20210303143400j:plain

12x36(300x900)、元のは10x22(250x550)。

三相1.5kwなのでインバーター化です。インバーター1号はいまいちしょぼいので2号を導入。

f:id:kazuhix:20210305171100j:plain

全部撤去。

f:id:kazuhix:20210312162500j:plain

1号

f:id:kazuhix:20210315114100j:plain

2号

f:id:kazuhix:20210304004900j:plain

ギアヘッド、ベアリングを一つ交換した

f:id:kazuhix:20210310201300j:plain

正転逆転レバー補修

玉が無くなっている給油口。

f:id:kazuhix:20210313182300j:plain

玉給油口交換

f:id:kazuhix:20210316111400j:plain

回転計センサーマグネットテープ留め

そろそろ試してみるか。

突っ切りがアルミだとジャガイモをピーラーで剥くみたいに。従来機のインバーター化の後でも研ぎや送り、主軸回転速度等細心の最適化をしても切れるかどうか怪しかったS45Cが切削油無しでゴリゴリ切断可能でした。思った以上のトルクと剛性。

f:id:kazuhix:20210317184500j:plain

幅5ミリはあろうかというバイトでアルミ突っ切り

f:id:kazuhix:20210319155200j:plain

2ミリバイトでS45C

四角刃物台は使いにくいので、QCTPを装着するためTナットをトリミングしようとしたらミニフライスのZ軸のステッピングモーターを旋盤の自動送りに移植したままハンドルがないのでそこから作業。アルミ棒の突っ切りはこのため。

f:id:kazuhix:20210317174400j:plain

QCTPのTナット削るためフライスのz軸復帰

f:id:kazuhix:20210317184300j:plain

ハンドルz軸

削ったがエンドミルが切れなくてガタガタの仕上がり。

f:id:kazuhix:20210318150900j:plain

Tナットゆるいガタガタ

f:id:kazuhix:20210318202100j:plain

エンドミル修正して、Tナットおかわりすべ

ダイアモンドホイールを使って先端面を修正したエンドミル、XY移動だけならイケます。

f:id:kazuhix:20210319172400j:plain

旋盤でエンドミル研削

f:id:kazuhix:20210319140900j:plain

4つ爪チャック固着グリース掃除

4つ爪チャックをD1-4バックプレート(難あり)にインローでつけるべく切削。

f:id:kazuhix:20210321151800j:plain

むしれてます。

f:id:kazuhix:20210321153400j:plain

最近買った三角のチップがなまくらだった。

旋盤入替えはいきなり降ってわいたイベントで、そのちょっと前にAXAシステムのホルダーなどをまとめて注文したのと、一つ大きいBXAシステムだと地味に値段も高いのでAXAサイズをキャリーオーバーしています。

 

「気持ちだけは負けない」ものづくりなんてダメに決まってる

f:id:kazuhix:20200214212300j:plain

これは初代フェアレディZのノーマルノーズ用オプションパーツのライトカバーです。

当初レース用として販売されたものですが、ノーマルノーズS30レース仕様は432の頃だけしか存在してなくその後Gノーズが純正状態でカバーが付いていてレースにもそのまま使われたためそっちが一般によく知られています。

「もしかしてこのライトカバーの歩留まりが悪すぎてGノーズを開発したんのでは?」と思うくらい作るのが大変です。こんな枠作るのにどんだけコストかけて作ってたのかよ…まあ当時の価格は大卒給料ひと月分とかだったのかも。

ブルーは保護フィルムで、カバー自体はアメリカ製のリプロ品です。日本のリプロとは次元が違うデキの良さです。作り手1つずつの比較だから国力の差とまではいいませんけど、日本製はすべての点で完敗しています。

カバーは樹脂なので、気持ち、設備、スキルなどがそろえばいいものが作れます。

枠についてはそうはいきませんで、スチール製のリプロの製造に成功した人はアメリカにも居ません。かの地のS30コミュニティでは何人もの作り手から何度も踊らされてきたので「またライトカバートリム作るよ詐欺かよ」くらいにしか受け止められていません。作り手側もだますつもりは当初はなく、実際手がけてみると激ムズなことに気づいてSNSアカウント放置して逃げたんだと思う。

画像の枠は当時もの中古で、これをもとにうちの工作機械を駆使して試作しました。詳しくは左メニューのFacebookとかNOTEを読んでください。

 

タイトルについては、気持ちを強く持っていたら必ずよい成果が生まれる、なんて保証はないってことで。そういうテーマのドラマが乱造されていますがみてられないです(みていません)。

ドライサンプポンプ増設と2020年9月の現況

クルマ5年前にサーキットでクラッシュして、まだ復活していません。

自分のガレージになんとか搬入したまま一度も動いていない、つまり自分が手を動かすかどうかにかかってるので。

 

割と早く終わったのは、シャーシゆがみ除去、エンジン、足回り。エンジンはオイル無しで200メートルくらい動かした。まあサーキットのコースわきからは速やかに退避したほうがよいs、ガレージ搬入には積載車降ろしてから自走はしょうがないわけ。

ボンネット下はほとんど全部別のものに変わってしまいました。

ポンプステージが増設できたのは、今思うとRB26から25でブロックについてるオイルリターンのパイプ位置が違い、オイルポンプの邪魔にならなくなったからだった。YouTubeの中では違う説明してたけど。↓スライドショー、静止画のみです。


ドライサンプポンプステージ増設と配管1

 

ドライブプーリーとカップリングファン、オイルホースの取り回し、純正ウェットサンプオイル経路ふさぎとか。

ドライサンプはエアホースの取り回しもあるんです。インマニにクーラント回ってるのでエア抜きホースつけたり、スロットルポジションセンサつくよう加工したり。

 


ドライサンプポンプステージ増設と配管2

 

2016年12月末にエンジン始動まで、このあと外装の塗装が半分終わり、長い中断。

もっとも最近の作業は2020年3月末、左のヘッドライトカウルあたりをやりかけ。

f:id:kazuhix:20200324143500j:plain

ライトカウル