スキャンカットにインポートするベクターファイルはsvgがベター

スキャンカットはキャンバスワークスペースというデザインソフトが付いているが、とてもしょぼい。よって他のソフトで描画してからインポートするのが良いが、受け入れ可能なのはsvgとdxfで、svgのほうが振る舞いがよい、というのが今回の主題です。スキャンカットありきのメモ、持っていない人にはごめんなさいです。

インクスケープ1.0になって、角丸め(フィレット)の操作性が良くなった。具体的には四角以外でもオブジェクトまるごと半径指定で一括丸めが可能。そのままインクスケープsvgで保存してスキャンカットにインポートしたのが右。スキャンカットは基本的にドローする装置だから線の太さ情報は失われるのは当然。カーブの制御点が2個から5個に増えるが、五角形は一筆書きのまま。

f:id:kazuhix:20200525121110j:plain

左inscape右キャンバスワークスペース

一筆書きだと、スキャンカットでドローしたりカットするときにワンストロークでイケるので大変都合がよい。

右下の角がひずんでいる5角形は「オブジェクトをパスに変換」したのちに角丸め(フィレットを同様にやったもので、元線の太さの内外の2本のラインに分かれるせいで丸めコマンドがバグるようだ。余計なことはしなくてよいってことだ。

 

同じファイルをdxf形式で保存してキャンバスワークスペースにインポートすると上下反転するのはいいとして?、丸めた角のところを選択してみると、直線とカーブが分断し、カーブ部分はさらに短く分断された状態で変換されていた。これをドローなりカットなりをすると、ペンやカッターはあっちこっちに移動してからペンなりカッターを降ろして小刻みに切る、ってのを繰り返すのでタイムロスとカット不良が生じやすくなる。

 

f:id:kazuhix:20200525122459j:plain

dxfファイルインポートだと分断されてまう

てなわけで、インクスケープで角丸めがちゃちゃっとできるようになったんで、これを使っていこうと思います。線の太さ情報があるままでsvgで保存、スキャンカットにインポートしても太さ情報を破棄するので問題ない。

 

ちなみにFUSION360はテキストの曲線上への配置ができないのと、出力がdxfで、svg形式ができないので今後はスキャンカットで切ったりするベースファイル作るのに使う理由はほぼなさげ。サイズ感、パーツの重なりの確認には使えるかなという程度。

鉄板延びたところへのお灸はトーチと濡れタオルだがシュリンカーで縮める

f:id:kazuhix:20200321154300j:plain

拡幅フェンダー

幅を5cm広げる加工途中のフロントフェンダー。黒マッキーで印付けてるところが出っ張っている=鉄板が余っていて強く押すとベコベコする。こうなるとエアプレニッシングハンマーでは均せない。

鉄板余ってる場所に熱入れて急冷して縮めるってのをしないといけないんだけど、フトコロの深いシュリンカーでできるよ、というネタ。

f:id:kazuhix:20200321154900j:plain

鉄板縁から遠いとこを縮める

すぐベコベコしなくなり、シュリンカーでちゃんと縮めることができました。強めにペダル踏みました。

単相200V電気炉

f:id:kazuhix:20200221183700j:plain

イギリス製のコントローラー

温度カーブを設定できる陶芸用ですね。200V15Aなので3000Wです。炉内の寸法は30cm皿が焼けるサイズなので、ガレージで使う炉としては大きめか。溶接の予熱にも使えますが、クルマエンジンヘッドのアルゴン盛りは無理です。

 

ビードローラーダイ、シュリンカーストレッチャーのピボットピンやカムの硬度を上げための焼入れ焼き戻しが最初の使用、それ以降使用していません。

f:id:kazuhix:20200221205100j:plain

焼入れ焼き戻し

 

SCM440が一つあったので油浸焼き入れをエンジンオイルでやってみましたが、大量の細かい霧状の発煙が生じて匂いも不快、食用油のほうがベターと思います。上のを全部焼き戻し時の急冷に油に突っ込んだら、3リッターの油では熱容量が足りなかったらしく、200度超えてしまいました。非接触温度計で測っとけばよかった。

 

電動ビードローラーと自分で削るダイセット

ビードローラーはずいぶん前から電動にしています。とても便利です。低速トルクがあり調速、逆転できるモーターは選択肢が狭いものです。

 

ダイセットは卓上旋盤を導入してから1年くらいたつので、自分で作ってみることにしました。

f:id:kazuhix:20200320181700j:plain

チッピングダイ

上のダイの左側がフラットなので、板を起こしていき90度まで曲げることが可能です。同様の既製品(手造りっぽいもの)を使ってましたが、テーパーが左にあって90度まで起こすことができなかったので、自分で作ってみました。左から締めてるボルトは薄平タイプで完全に沈みます。材料はS45Cの焼き入れ高温焼き戻ししています。作って使ってみるといろいろうまいセットアップ法など発見がありました。

 

フックにダイを並べています。ウレタンダイも便利です。旋盤で削るのはキレイにできませんが。一番上にあるワッシャーは1mmシムで、上下ダイの位置合わせに使用しています。すぐ手が届きセットアップが楽。ライトグレーの箱はモーターコントローラーとAC/DC電源が入っています。

f:id:kazuhix:20200320181601j:plain

ダイ置き場

プリウスだかのパワステモーター、チェーン駆動です。カバーがありませんが、反対側で作業することないので危険なことはないようです。

f:id:kazuhix:20200320181701j:plain

ビードローラーモーター

次は焼き入れ焼き戻しに使った電気炉を紹介します。

エアプレニッシングハンマーを製作

f:id:kazuhix:20200306182300j:plain

エアプレニッシングハンマー

こういうものです。一つ前の記事でシュリンカーで凸にした板のガタガタを均しています。ボール盤に取付けてるのはガッチリかつ位置調整が容易なのと、専用にスタンドを作るより近道で、場所が節約できるのも。

 

ハンマーは実際のとこ、エアチゼル、割と力がなくてごく安いやつ。チゼルのビットは使用せず、フラットラウンドビットを別途購入、ハンマーのレバーではオンオフせず、フットペダル経由でエアーを供給。このほかエアーホース8ミリやフィッティング、カプラなども調達。

f:id:kazuhix:20200226135700j:plain

エアチゼルとラウンドビット、エアペダル

ロアーアンビルのRは均したい鉄板のRに近いものを使用します。旋盤で削ったけど、いまんとこ3つだけ。ベースも含め、S45Cのφ32棒です。

f:id:kazuhix:20200228154700j:plain

ロアーアンビルとベース

ベースを造作しボール盤に固定できるよう。

f:id:kazuhix:20200301172500j:plain

ロアーアンビルベース固定

ハンマーの固定はφ48のセットカラーとt=5の鉄板、35mm角パイプt=3.2を溶接タップでM12ボルトにてボール盤テーブル上から固定。丸テーブルは旋回できるので、ロアーアンビルの交換もすぐできます。

f:id:kazuhix:20200306182500j:plain

エアハンマー固定

溶接ビード削ったあとの均しも可能です。両手で持てるサイズであれば。撃つとこは両面に556など割と早く揮発してしまうような潤滑油をつけてやり、エアー圧は低めギリギリあたりを基本に使います。うちのエアーコンプレッサーは100Vの1000w、38Lですが、エアー消費は少なく永遠に継続できます。聴力保護イヤーマフ必須です。騒音に制限のある作業場ではつらいでしょう。工具では一番大きい音出すグループに入る。

f:id:kazuhix:20200318134200j:plain

フェンダー溶接後の均し

逆にクルマから取れない部分でも、エアプレニッシングハンマーとロアーダイをC字型のフレームに付けて、手持ちで均すことも可能です、両面から攻めることができる場所に限りますが。

 

フトコロの深いシュリンカーストレッチャーみたいに作るの手間じゃないし、使う材料も廉価な割に作業効率を上げてくれるよい道具です。

フトコロが深いシュリンカーストレッチャーをハーフスクラッチビルド

板金の道具。縮めるのはこの道具がないと難しい。日本で流通しているのは板の縁から2.5cmしか入らないので、できることに制限がある。

 

ダイセットだけカナダの工具屋から入手し、それ以外を推定で作った。10日費やした。

f:id:kazuhix:20200320181500j:plain

シュリンカーストレッチャー

スタンド部分は奥行きが無い前のシュリンカーストレッチャーと入替えでキャリーオーバー。

f:id:kazuhix:20200320181600j:plain

シュリンカーストレッチャー

シュリンカーダイとストレッチャーダイの交換は六角レンチですぐできる。

ヘリから遠くまで加工できるので凸面がかんたんに作れます。

f:id:kazuhix:20200225095000j:plain

シュリンカー

 

このままだとガタガタなので、エアープレニッシングハンマーで均します。次の記事で製作過程を紹介します。

ScanNCut SDXシリーズ消耗品の購入はブラザーダイレクトがお得

SDX1200は若干プロ用途寄りという商品らしくてごく一部のブラザー代理店のみの扱、これの消耗品はSDX1000というもうすこし販売範囲の広い廉価版を扱っているユーロポート経由で買うか、代理店経由でしか買えなかった。

ユーロポートのアマゾンやヤフーショッピングだと定価+1000円くらいの送料、代理店はブラザーからの送料を負担しろ、と来てなんだろこれと思ってた。

 

今回60cmの長いカッティングマットが欲しくなって調べてみたら、ブラザーダイレクトでSDX1000やそれの消耗品を売ってるのに気づき登録して購入した。メンバー割引はあるし、3000円以上の購入で送料無料で、やっと普通にこの機械と付き合えるようになった。

 

ただ、趣味向け機種用同じサイズのカッティングマットの値段はSDX用の半額に近いがな。